ダイアリー日記TOP  ≫ 未分類 ≫ 被災犬

被災犬

ニャンゴン、帰ってきません。
でも、元気でいるものと信じています。



ふぶきが子供の頃


“びちお”さんというオス猫を


飼ってた事がありました。



可愛がっていましたが、
シーズー犬を飼い始めて、
家族がびちおさんから、シーズーを可愛がるようになって
スネちゃったのか、帰って来なくなったんです。



それで、ふぶきとマミーが探しに行って
自宅から少し離れた空き地に
他のネコと一緒にいるところをみつけた事がありました。



なので、ニャンゴンもきっと
他の仲のいいネコちゃんと一緒にいるんだろうと
信じています。



そして今、ふぶきが気になってるのが
被災犬です。



被災犬と聞けば、
東日本大震災で被災したワンちゃんかと思いがちですが、
そうじゃなく、



和歌山で起こった台風12号での
被災犬です。



保護施設で預かってるようですが、
1頭だけ、引き取り手がなく、
あと1週間、引き取り手が現れないと
処分されるんだそうです。



その1頭がこの白いワンちゃんです。

和歌山動物愛護センター


なんでも10歳の老犬で、フィラリアらしくて
引き取り手がないようです。


ふぶきが引き取ってあげたいのですが、
ふぶきも体が悪いですし、
もし、ワンちゃんが病気で、病院に連れていかないといけないとなると、
そこまでの経済的な余裕もないので、引き取れないのです。



飼うだけで、ゴハンをあげるだけなら
引き取ってあげるのですが・・・。



とても心が痛みます。



スポンサーサイト
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) ダイアリー日記. All Rights Reserved.